MT車のトヨタ・オーリスのアイキャッチ画像

気軽に乗れるトヨタの「カローラスポーツ」「オーリス」

トヨタは多くのモデルを販売していますが、MT車は数えるほどしかありません。その中で、カローラスポーツは比較的手軽に購入できる1台といえます。

カローラスポーツ

カローラスポーツには1.8Lのハイブリッドと1.2Lターボエンジンがラインナップしていますが、1.2Lの方にMT車が設定されています。しかも、そのMT車には先進的な技術が搭載されておりMT車が苦手な人でも乗りこなせます。

カローラスポーツのスペック

カローラスポーツの全長×全幅×全高は4375mm×1790×1460のハッチバックで、フォルクスワーゲン・ゴルフなどと同じCセグメントに属しています。排気量は新開発の1.2Lターボエンジンで、最大出力:116ps(5200~5600rpm)、最大トルク:18.9kgf・m(1500~4000rpm)となっています。

カローラスポーツのMT車の特徴は、iMTという発進の際に回転数を上げたり、シフトダウンの際にブリッピングしたりする先進的なシステムが搭載されている点です。

ブリッピング機能は高級なスポーツカーのMT車などには装備されていますが、カローラスポーツのような大衆車にはあまり装備されていません。

カローラスポーツは走りにこだわったモデルで、スポーティさと乗り心地を両立しています。またブリッピング機能が付いていますので、山道などを走行するときにシフトダウンで速度を調整しながら楽しくドライブ出来ます。価格は2,106,000~2,386,800円と比較的割安です。MT車に乗りたいけれどあまり自信がないという人にはオススメの1台だと思います。

オーリスとは?

そして、カローラスポーツの旧型はオーリスという名前で販売されていました。オーリスには1.5Lと1.8Lのガソリンエンジンがラインナップしていましたが、1.8LモデルにMT車が設定されていました。オーリスは日本ではあまり人気がありませんでしたが、ハッチバック比率が高いヨーロッパでは人気がありました。

オーリスの1.8Lモデルはリヤサスペンションにマルチリンクを採用して1.5Lモデルと差別化しており少し高級感がありました。このためサスペンションは若干硬めですが、しなやかな走りで気持ち良くドライブできるのが特徴です。

また1.8Lエンジンですので高回転まで気持ち良く回りパワーにも比較的余裕がありますので、MT車で乗ると結構楽しく走れます。

オーリスは現在新車で購入することは出来ずすべて中古車になりますが、1割くらいはMT車となっています。新車では約230万円でしたが、中古では3年落ちで約150~170万円で推移しています。

意外に価格が下がらない印象がありますが、新車価格に比べると割安ですのでオススメのモデルと言えます。

トップページ ブログ記事一覧

当サイトはリンクフリーです。MT車文化の発展のために、是非引用などしてご利用ください。

関連するブログ記事

特定商取引法に基づく記載 お問い合わせ