デミオ(MT車)

MTの設定がある車種の紹介 Part1

今では国産車でめっきりMT車が少なくなってきました。

具体的な車種の紹介を紹介するにも数少なくない中で、どのようなMT車があるのか、考えることはかなり大変かもしれません。

しかし、コアなMT車マニアの人にとって具体的な車種の紹介するとしたなら次のようなものがあります。

トヨタ86(トヨタ)

https://toyota.jp/86/

まず、具体的な車種の紹介としては、トヨタ86が挙げられます。

トヨタとスバルが共同開発したMT車で生産はスバルが行い、トヨタが販売を行っている日本国内でも有名なMT車です。

“”直感的なハンドリングFR””と銘打ったこの車は、コンパクトで軽量・低重心で、運転する楽しみを体現した車と言えます。

往年のMT車ファンならカローラレビンやトレノを彷彿させる名車の1つです。

ロードスター(マツダ)

次に具体的な車種の紹介として挙げるMT車は、マツダのロードスターです。

1989年にリリースされてから歴史のある人気車で、具体的な車種の紹介の中では、1つのコンセプトが継承されている車として国産では数少いMT車で、30年近くも続いています。

ロードスターは走るために生まれてきた2シーターで、居住性や荷物の積載能力などの実用性が問われる昨今でも、””走りの楽しみ””に特化されたのがこの車です。

2シーターで小型エンジンを搭載したコンパクトボディは軽快で、キビキビとしたサスペンションでMT車の楽しさを再認識させてくれます。

CX-3(マツダ)

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

次の具体的な車種の紹介としては、マツダのCX-3があります。

MT車として具体的な車種の紹介の中に挙げた理由は、””都市型ライフスタイルクロスオーバー””というコンセプトにあります。

完全なSUVではなく””SUV風””クロスオーバー的なMT車なのです。

AT車もラインナップされていますが、具体的な車種の紹介の中で期待するのは、走りの楽しみのはずです。

トルクに特徴のあるディーゼル車だけに、マニュアルで乗っていると、楽しいバンドリングを十分に堪能できるのです。

カローラスポーツ(トヨタ)

https://toyota.jp/corollasport/

次の車種は、トヨタのカローラスポーツ。

カローラと言えば、トヨタの代表的なクルマの1つですが、MT車でもここまで走る楽しさをキープしている車があることに安堵感を覚えるドライバーもいるのではないかと思います。

タイヤのサスペンションがとてもスムーズに動いていることが体感できるのですが、ソフトな感じではなく、車体の揺れをしっかりと抑えながら足周りが安定した走りを見せてくれます。

しかも、ボディはガッチリとしていて、荒れた路面を走っていて、変な挙動はなくカーブでの安定性も高いのです。

具体的な車種の紹介の中でも、逸品の車でしょう。

トップページ ブログ記事一覧

当サイトはリンクフリーです。MT車文化の発展のために、是非引用などしてご利用ください。

関連するブログ記事

特定商取引法に基づく記載 お問い合わせ