田舎を走行するMT車

MT車初心者におススメな具体的な車種の紹介をしてみよう

近年、国産車でMT車が設定されているモデルは大変少なくなり、具体的な車種の紹介をしようとしても数えるほどしかありませんので、MT車も運転できる免許を取得してもAT車に乗る人がほとんどだと思います。

しかし、マツダ車の多くにはMT車が設定されていたり、他メーカーにも何車種かMT車が用意されています。そこで、女性や初心者でも安心して運転できるMT車の具体的な車種の紹介をしてみたいと思います。

マツダ「デミオ」

具体的な車種の紹介をするとき最も最初に挙げられるのがマツダ「デミオ」です。デミオには1.5Lのガソリンエンジンとディーゼルエンジンがラインナップしており、それぞれにMT車も用意されています。

その中でおススメなのはベーシックなガソリンエンジンで、価格は1,490,400円~1,814,400円です。

デミオのMT車は特にスポーティというわけではなく、だれでも扱いやすい様にペダルやシフトフィールに癖がなく、ペダル配置も良く自然なドライビングポジションが取れますので、初心者でも運転しやすいのが特徴です。

ホンダ「フィット」

具体的な車種の紹介2つ目はホンダ「フィット」です。フィットのデミオと同じBセグメントで、こちらには1.3Lと1.5Lのガソリンエンジンと1.5Lのハイブリッドがラインナップしています。

その中でガソリンエンジンにMT車が設定されています。その中で1.5LはRSと呼ばれるスポーティなモデルですので、ベーシックな1.3Lモデルがおススメです。価格は1,428,840円で、デミオと価格帯は同じです。

フィットはハンドリングもしっかりしており、MTモデルも初心者でも扱いやすく運転技術も向上すると思います。国産車で具体的な車種の紹介をするときに最もおススメできる2モデルがこのフィットとデミオだと思います。

BMW「MINI」

具体的な車種の紹介3つめは「MINI」です。MINIにはたくさんのモデルがありますが、その中で最もベーシックなONEというグレードがおススメです。O

NEのMT車は1.5Lガソリンターボエンジンを搭載しており、価格は2,380,000円です。MINIは価格が高いため車内の質感は高く、ドライビングフィールも上質です。

しかし、MINIはハンドリングがクイックで癖があり好き嫌いが分かれます。

トヨタ「カローラスポーツ」

具体的な車種の紹介4つ目は「カローラスポーツ」です。カローラスポーツのMT車は一回り大きなCセグメントで、1.2Lターボエンジンを搭載しています。

カローラスポーツの特徴は「iMT」と呼ばれるシステムを搭載しており、クラッチ操作のみで発進出来たり、シフトダウンの際に回転数を合わせてくれますので運転が苦手な人でも安心です。

まとめ

ここまで具体的な車種の紹介をしてきましたが、意外とMT車ってあるものです。これ以外にも具体的な車種の紹介をすると先日登場した「マツダ3」やトヨタ「86」などが挙げられます。

最近もう一度MT車が見直されており、具体的な車種の紹介をしているメディアもありますので興味がある人はぜひ調べてみてください。

トップページ ブログ記事一覧

当サイトはリンクフリーです。MT車文化の発展のために、是非引用などしてご利用ください。

関連するブログ記事

特定商取引法に基づく記載 お問い合わせ