一般的な坂道

MT車で坂道発進するにはクラッチとサイドレバーを駆使しよう

今ではめっきり減ってきてしまったとMT車、ギアを切り替えながら運転する楽しみを知っているドライバーも少なくなっています。

しかし、1度MT車の醍醐味を知ると、休日にはちょっと遠出したくなってくるものです。

普段の街の中をさっそうと走るだけでなく、高速道やワインディングロードを攻める楽しみも満喫することができます。
とは言っても、やはりマニュアルに慣れないとスムーズな走りが難しいのも事実。

MT車を自由自在に扱えるようにするためには、アクセルワークとクラッチワークのタイミングが重要になってきます。
その中で、最も苦労するのが、坂道発進でしょう。

MT車で坂道発進をするにはクラッチコントロールが大事

坂道で車を停めて、再び進めることは、初心者ドライバーなら誰でも嫌がる場面だったのも今では昔の話かもしれません。

と言うのも、今ではAT車が普及している昨今では、MT車はクラッチコントロールを気にする必要があるからです。

平坦な道でもスムーズに発進させるためには、半クラッチからじわじわとアクセルを少しずつ踏み込みながら、クラッチを繋いでいく必要があります。

しかし、坂道ではブレーキペダルから右足を離して、アクセルを吹かしながら、クラッチペダルの踏み込みを弱めながら発進しようとすると、車が前に進むどころか、後ろに下がってしまい、下手をすると後続車に衝突するリスクもあります。

そのために、坂道を発信で進は、クラッチコントロールがとても重要なのです。

坂道をスムーズに発進させるためには~初心者編~

初心者がスムーズに坂道発進をするためには、クラッチワークとサイドブレーキを上手に使うことです。
停車している時にはしっかりとサイドブレーキで、車を停止させておき、右足でアクセルペダルを少しずつ踏み込んでいきます。
クラッチペダルは、反対にクラッチから徐々に左足を離して、クラッチが繋がった時点で、サイドブレーキを少しずつ解除していくのです。
そうすることで、坂道で難なく発進することができるようになります。

慣れて来ると、サイドブレーキ無しで走れる~上級者編~

MT車も慣れてくると、サイドブレーキを使わずとも、スムーズに坂道で発進させることができるようになります。

MT車を坂道で停車させている時は、ブレーキペダルを踏んでいる状態ですが、発進する直前にクラッチペダルを1/4程度上げていきます。

そして、ブレーキペダルから右足を離して、すぐにアクセルペダルに移し、半クラ+アクセル踏み込みの状態にしていきます。

この時点では、MT車は半クラッチとアクセルワークのバランスには釣り合いが取れており、瞬間的に、ブレーキングが効いている状態になっています。

そして、完全にアクセルを踏み込むことで、発進することになります。

まとめ

MT車での坂道発進では、このように初心者向けの方法から覚えて行き、上級者になってからクラッチとアクセルワークだけで、スムーズな発進を実現させる方法に進んでいくことがコツです。

MT車の坂道発進が上手にできるようになると、ますますドライブの楽しみが高まっていくはずです。

トップページ ブログ記事一覧

当サイトはリンクフリーです。MT車文化の発展のために、是非引用などしてご利用ください。

関連するブログ記事

特定商取引法に基づく記載 お問い合わせ