クラッチプレートのイメージ

マニュアル車の上手なクラッチの操作方法とは

今はAT車が主流になってきて、MT車に乗る人は少なくなってきましたね。ですが、運転が好きな人は今でもMT車を愛用しているのですよ。MT車に乗るには上手にクラッチ操作ができなければいけませんね。では、MT車のクラッチ操作をスムーズにするにはどうしたらいいかを紹介します。

ドライビングポジション

マニュアル車で意外と忘れがちなのがドライビングポジションです。

まず、ドライビングポジションが遠いとクラッチをきちんと切ることができません。マニュアル車を運転するのに、ベストな座り方はシートに奥深く腰掛けてできるだけ、お尻の上部の仙骨付近とシートの間に隙間ができないように座ります。その上で、クラッチを床まで踏んだときにひざが伸び切らずに少し曲がって余裕がある程度まで座面を前進させておきます。

そして、シートバックはできるだけ立てて、首がまっすぐ立つようにして、ステアリングの上端を握ったときに肩がシートから離れず、ひじが伸びきらない位置がベストです。

また、シートに身を預け、上半身全体をシートにホールドしてもらうことで、腕や肩、上半身の余分な力をできるだけ抜いてリラックスするのがコツです。マニュアル車を運転する際はこのベストな座り方を意識するだけでもマニュアル車のクラッチがやりやすいですね。

半クラッチのコツは?

MT車の半クラッチの一番のコツは慣れるということですね。マニュアル車で何度もエンストしてもいいので、とにかくたくさん運転して慣れていくということが一番です。

ただ、なれるといっても、マニュアル車をあまり運転しない人や、免許を取ったけど、ペーパードライバーという人もたくさんいます。そういう人はMT車に慣れるという以外にもポイントがあります。

それは、サイドブレーキをかけておいて、アイドリング状態でクラッチペダルを踏んでギアを1速に入れることです。一番奥まで踏んだクラッチペダルを徐々に戻していくと、あるところでエンジンの音が変化して止まりそうになります。ここがクラッチが繋がり始めるポイントです。ですので、このポイントの前後2~3センチを調整することがコツです。

このように、マニュアル車の上手なクラッチの操作方法について紹介しました。AT車を運転する人にとってはマニュアル車は難しいと感じますよね。特にクラッチの上手な操作が難しいと思っている人もたくさんいるのではないでしょうか。

ですが、MT車はたくさん経験を踏めばうまく操作ができるようになるので、たくさん経験を踏んでくださいね。また、車を運転しないと忘れてしまうので、MT車の免許を取ったらできるだけコンスタンスに運転するように心がけることが大切です。

まとめ

マニュアル車やMT車は慣れてしまえば運転をするのがとても楽しいです。AT車とMT車の両方が運転できれば、どんな車も乗れるので安心ですよね。ですので、マニュアル車を運転してクラッチ操作に慣れるようにしてくださいね。

トップページ ブログ記事一覧

当サイトはリンクフリーです。MT車文化の発展のために、是非引用などしてご利用ください。

関連するブログ記事

特定商取引法に基づく記載 お問い合わせ