ギア

マニュアル車は運転が苦手でもブリッピング機能があれば楽々。MT車を運転してみよう

最近、日本ではマニュアル車が少なくなり、ほとんどの人がAT車に乗っています。マニュアル車はシフト操作が面倒なので敬遠され、アクセルとブレーキペダルで操作できるAT車が人気です。

マニュアル車は難しい?

そんなマニュアル車でもう一つ面倒なのが、シフトダウンしたときに回転を合わせることで、これができないのでMT車には乗らないという人が結構たくさんいます。

シフトダウンしたときにそのままクラッチをつなぐと、回転数が高すぎるために車がギクシャクします。そこで、ブレーキとアクセルペダルを同時に踏みながらクラッチを踏んでシフトダウンする操作をします。

これを一般的にヒールアンド・トゥと呼ばれており、MT車を速く運転できる人はこれをする人が多いです。

しかし、このテクニックは結構難しく、MT車を運転していてシフトダウンしたいときでも、ゆっくりクラッチをつないでいるという人も多いと思います。

MT=難しいという常識を覆す新技術の登場

そんな人のために、最近のマニュアル車ではシフトダウンしたときに、自動的にエンジン回転数を上げてくれるモデルも登場しています。このシステムを最初に搭載したのはポルシェのマニュアル車で話題になりました。

この機能が付いていると、シフトダウンしたいときにシフトダウンできて、ヒールアンド・トゥする必要がなくなりますので、まるでプロのレーシングドライバーと同じようにマニュアル車を運転できるのです。

ポルシェのMT車にこの機能が搭載されるようになって以降、BMWのMT車などにも搭載されるようになり少しずつ普及してきました。

そして、昨年登場したカローラスポーツのMT車にもこのシステムが搭載されました。従来は高級車にしか搭載されていませんでしたが、200万円台の大衆車のマニュアル車にも搭載されて話題になりました。

トヨタのブリッピング機能「iMT」

このカローラスポーツに搭載されているシステムは「iMT」と呼ばれており、クラッチ操作のみで発進することが出来たり、シフトチェンジのショックを軽減したりすることも出来るとても賢いアイテムです。

MT車を運転したいけれど、発進時のエンストや上手くシフトチェンジできるかどうか心配、という人も多いですが、そうした人にはぴったりです。

そのほか国産車にはシビックタイプRにもこのシステムが搭載されており、レブマッチシステムと呼ばれています。

シビックタイプRは大変スポーティなモデルでマニュアル車しか設定されていませんが、タイプRがほしかったけれど、MT車しかか設定されておらず回転を合わせるのが苦手なので、躊躇していたという人でも購入できるのではないでしょうか。

まとめ

日本ではAT専用免許が出来てからマニュアル車が急速に減ってきたといわれていますが、MT車の良さは車を運転しているという感覚を味わえることです。MT車を長い間運転していなかったけれど久しぶりに運転してみたいという人も、このシステムがあれば楽しく運転できますので、是非マニュアル車に挑戦してみて下さい。

トップページ ブログ記事一覧

当サイトはリンクフリーです。MT車文化の発展のために、是非引用などしてご利用ください。

関連するブログ記事

特定商取引法に基づく記載 お問い合わせ