一般的なMT車の内装

MT車の魅力を語る

MT車というのは、マニュアル・トランスミッション車と言われるもので、通称マニュアル車・ミッション車と言われます。マニュアル・トランスミッションというのは、オートマティック・トランスミッションに対する呼称になり、オートマ車が普及する前は、全部マニュアル車でした。

そして、マニュアル車の操作性が、現代においては難しいとされる意味合いから、オートマティック車に引けをとるという内容になっていたのです。たしかに教習所では、オートマ限定の教習を受けたほうが、楽に取れるという段階はあります。

マニュアル車の魅力は

ではなぜ、マニュアル車の魅力があるのかと言うと、それは簡単な操作性ではオートマ車のほうが普及系であるのに対し、MT車というのはそのハンドリングにドライバーのセンスが縦横に要求されるという、いわば逆説に依るMT車の魅力にかかっているのです。

マニュアル車では、その操作性が難しいために一般利用者はオートマ者を好みますが、MT車では、その技術力の必要なゆえに、技術を求めるドライバーが殺到します。これは、MT車をそのドライバーの操作性をもって乗りこなしたいという意欲がいまだ強いためです。

なお免許では、MT車を乗ることができれば、AT車も同時に運転できるという意味があり、MT車では、産業用ドライバーとしての役割も期待されるため、より仕事でという印象もありますが、マニュアル車を私的に乗りこなしたいというフレーズは多くあります。

つまり、仕事でMT車を運転して、私用においても自家用車でマニュアル車を運転したいという、車好きの方面の好みが近くなります。実際MT車をプロの技術で乗りこなせば、AT車よりも燃費が削減できるという人もいるのです。

そして、マニュアル車を乗りこなす、操作性にはギアチェンジが欠かせません。AT車にも簡易的なギア操作がありますが、それはギアが変速として噛み込んでいるのではなく、コンピュータ制御によりギアが駆動を変化させているタイプになります。

マニュアル車におけるギアチェンジは、直接駆動系に歯車が入れ替わりますので、MT車の魅力は、ギアチェンジに依る加速・減速にあると言っても過言ではありません。

マニュアル車を運転するのは、安全運転を駆使して、その縦横無尽な回り方と、速度調整が可能であるという、プロや愛好家の愉しみでもあるのです。依って、ミッション車という響きには、それが仕事としてのドライビング技術が必要である点と、趣味としてのミッションの意味があると思われます。

トップページ ブログ記事一覧

当サイトはリンクフリーです。MT車文化の発展のために、是非引用などしてご利用ください。

関連するブログ記事

特定商取引法に基づく記載 お問い合わせ